【usm s11】誤魔化し耐久サイクル~電磁波は未来への投資~【最高/最終 2185 (1位)】

【0.挨拶】

おそらく本記事を読んで下さる大多数の方は初めましてでしょう。平凡ノ助と申します。TNちくわオルタでusmシングルレートの方やってます。この度なんと最終1位という未来永劫誇れる結果を残すことができたので、嬉々のうちに筆を執りたいと思います。

f:id:daminmusaboro:20180904200756p:plain
f:id:daminmusaboro:20180904193523p:plain
f:id:daminmusaboro:20180904193547j:plain

※上記画像の後に1勝して保存しました。


(以下常体)



【1.パーティ紹介】


f:id:daminmusaboro:20180904194700p:plain
ゲンガー@メガ石
臆病 H156 B92 C4 D4 S252

影球 守る 滅び 道連れ

辛い相手を処理する誤魔化し枠。耐えたい攻撃が物理に寄ってるのでB振り。


f:id:daminmusaboro:20180904200829g:plain
グライオン@毒玉
慎重 H212 A52 D244

地震 ギロチン 守る 身代わり

ナットカグヤドランガルド意識。ポリ2の麻痺と組み合わせると最強。PP枯らしを考えると守る身代わりは必要、役割対象を鑑みても地震ギロチンは外せない。


f:id:daminmusaboro:20180904200924p:plain
ミミッキュ@ミミZ
陽気 H4 A252 S252

じゃれ 呪い 身代わり 痛み分け

積みポケへの切り返し。ジャラランガへの回答。圧倒的な腐りにくさを有する。純粋にZぶっぱが刺さることも多い。痛み分けをあまり撃たなかったので電磁波や挑発でもいいかも。


f:id:daminmusaboro:20180904201301p:plain
ポリゴン2@輝石
図太い H244 B252 S12

イカサマ 冷B 電磁波 再生

トレースが強い。威嚇や影踏みをコピーできるのが便利。個人的に今電磁波が熱い。理由は後述。麻痺後最速ミミッキュまで抜ける。


f:id:daminmusaboro:20180904202507p:plain
カプ・ブルル@残飯
慎重 H252 D252 S4

ウッホ 毒々 宿木 守る

ヒレ・テテフ・コケコ受け。ガッサへの一応の解答。眼鏡テテフを受けるために守るは必要。ウッホはメインウェポン兼回復技として。ただでさえ草場で回復されてしまうので、定数ダメージとして毒々は優秀。宿り木はHP回復や定数ダメージの加速として。他に採用するとしたら怒りやがんぷう、マジシャあたりだが、怒りで削ってもパーティに火力のあるポケモンがいないので倒し切れないし、草場で回復されるためあまり旨味がない。がんぷうはリザくらいしか撃つ相手がいない。マジシャを撃ちたい相手であるジャラランガミミッキュで間に合ってる。


f:id:daminmusaboro:20180904201046p:plain
ドヒドイデ@氷Z
図太い H252 B252 D4

熱湯 毒々 黒霧 再生

馬車、ゲッコ、ミミッキュ、ポリ2意識。再生は確定として、火力の低いドヒドがダメージソースを付与する手段である毒々、積み技を打ち消して粘るための黒霧。火傷ワンチャンの熱湯。氷Zは単にHPを半分以上回復したい時に重宝し、叩き落とす・トリックに耐性を獲得でき、挑発を撃たれた時に仕切り直すことができる。再生力強い~。



【2.構築経緯】

※受けループ、受けサイクルの違いを筆者はよく理解しておらず、また実際に明確な差異などないのではないかと思っているので、以降「受けサイクル」の呼称で統一する。

今季は所謂受けサイクルを使おうと思った。で、割と長らく受けサイクルを考え、使ってきた経験上から言えることがある。それは、

①ゲンガーのために追い討ち枠を選出するとなると、極論ではあるが選出した他の2体でゲンガー以外の5体なにが選出されてもいいようにする必要に迫られる。また、追い討ち枠を選出しても相手がゲンガーを選出してこなくて追い討ち枠が腐る場合や、役割破壊技(気合玉等)で返り討ちに逢う場合があり、安定しない。
②流行は収まってきたが、フェアリー枠がいないとジャラランガが受からない。ある程度ジャラランガ受けとして信頼できるフェアリーはミミッキュか、使ったことはないがマジシャブルルくらいしかいないのではないかと思ってる。
③ボルト、ポリz、リザX等の積み技を絡めて規格外の火力を出すポケモンにサイクルを崩壊させられやすい。
④身代わり剣舞ランドのようなサイクルを崩壊させるためだけに存在する型のポケモンに為す術もない場合がある。
⑤Z技が辛い

何を言いたいのかというと、従来のような数値・またはタイプの補完に頼ってひたすら受けようとするパーティは通用しにくくなっていると云うことである。そのため、昨今多くの受けサイクルでは、辛い相手を無理処理するためのゲンガー、高速アタッカーであるグロスフェローチェ等を採用している。いわば、これらのポケモンは受けサイクルの「誤魔化し枠」である。受けづらい、処理しにくいポケモン/パーティへの一種の解答である。

本題になるが、本受けサイクルはこの所謂「誤魔化し性能」に加え、「対ゲンガー性能」に重点を置いたものになっている。



《 ①誤魔化し性能について》

①ゲンガーの滅び道連れ
ミミッキュの呪い、化けの皮
③ポリ2の電磁波
④グライの†ギロチン†

ゲンガーの1:1交換性能にもはやタイプ相性など関係ない。ミミッキュは呪い、Zによって積みポケへの絶対的な解答になる。ポリ2で電磁波を入れてしまえばグライ、ミミッキュで麻痺バグ待ちができる。これが特に有効なのがカミツルギ。麻痺させればグライで見れるようになれるのはやばい。革命的。やはり毒々の方が警戒されるのか電磁波は刺さりやすい。




《②対ゲンガー性能について》

対ゲンガー入り構築を想定する。

相手のパーティにゲンガーがいた時は、ゲンガー・グライオンミミッキュポリゴン2のうちから選出を決めるようにする。

ゲンガー・ミミッキュはタイプ上影踏みでキャッチされない

ポリ2に引くことが出来る。しかもゲンミミが霊技を誘うので無償交換を狙いやすい

ポリ2で電磁波を撃ち、交代先、あるいはゲンガー自体に麻痺を入れる=グライの守る身代わりで嵌めることができる。
また、ポリ2もトレースによって影踏みでキャッチされない=滅びに強い

このムーブが強い。ゲンミミポリと選出すれば誰も影踏みに引っ掛からないようにもできる。グライはそもそもゲンガーに対してそこそこ有利。故にゲンガーに隙を見せない選出パターンと言えるだろう。追い討ち枠が居なくてもゲンガーはこのように対処できる。

また、ポリ2は物理だけじゃなく特殊もある程度受けることができ、電磁波を入れれば再生を絡めて粘れる。グライに交代すれば完全に嵌めることができ、ミミッキュは皮+呪い、ゲンガーは滅び道連れにより非常に腐りにくい。

以上のようにこの4体は汎用性とポケモン間のシナジーが異様に高い。これが強い。だからもしゲンガーを選出されなくても持ち前の汎用性でなんとかできる。素晴らしい。




【選出について】

受けサイクルなので、基本は相手6体(実際には3体だが)をどうやってこちら3体で受け切るかを考える。こちら2枚で受け切れると思ったら残り1枠はミミッキュかゲンガーにしとくと非常に安心できる。完全に受け切るつもりでいくならグライ、ポリ2、ブルル、ドヒドから選出することになる。なんか崩されそうだなと懸念した時はゲンガー、ミミッキュに頼るのがよい。具体的に受け切れなそう、崩されそうと判断する要因となりうるポケモンは、

・Xっぽいリザ
・ポリZ
・霊獣ボルト
クチート
カミツルギ
・ゲンガー
ジャラランガ
デンジュモク
ジャローダ
・ガルーラ
・テテフ
・バトン展開

これらが相手パーティにいた場合はゲンミミのどちらかあるいは両方を出すと良い。対ゲンガー入りについては前項を参照。ジャラランガがいた場合は絶対にミミッキュを出すべき。また、ゲンミミは安易な後投げをせず、できるだけ相手の攻撃に被弾しないタイミングで投げるのが大切。HPを大切に。

ここで、対テテフについて触れる。論点はテテフはブルルで受かるのかという話であるが、結論から言えば特化眼鏡テテフのムンフォでも後投げブルルで守るを挟んで回復する事で超高乱数2連以外耐える。が、守る読みで裏に引かれたりすると辛い事から、眼鏡の場合ブルルに処理を一任するのは不安である。現実には特化眼鏡テテフなんてそんなにいないだろうし、眼鏡じゃなければ対処がきく(瞑想型でもウッホ連打で大丈夫)ことから多少ましであるが、やはりゲンミミを裏に据えて対面で上から処理するルートも用意すると安心できる。一応ポリで麻痺を入れればグライでも嵌められる。(ポリが役割放棄になってしまうが)



[対カバマンダガルド]

選出・立ち回りについて質問を多く頂いたので追記。
こちらの基本選出はポリグライ@1。ツルギを意識するならゲンガー、コケコを意識するならブルル、ゲコを意識するならヒトデ、マンダにポリが崩されてしまう事を懸念する、或いは汎用性が欲しいならミミッキュを選ぶ。相手の選出はカバマンダガルドである事が多い。と感じた。初手はポリから入る。以下、具体的な立ち回りを記す。電磁波入れるか裏に引こう。


・相手の初手がカバの場合

ポリの冷Bで削る。あくび貰ったらグライバック。地震で削るかギロチンで突破を狙う。相手はたいてい吹き飛ばしをしてくるがたまにマンダバックをしてくる事があるので、それを考えると地震よりはギロチン連打が安定か(安定とは)。吹き飛ばされた場合、出てきたポケモンで殴ってカバの突破を狙う。ポリで突破できると相手はマンダを死に出ししにくいので、3体目を見れるので助かる。

・相手の初手がマンダの場合

裏に引いてくるので電磁波を刺す。アド。

☆よく、マンダの受けをポリに一任しているパーティはステロ展開から崩されてしまうと言われるが、トレースポリならメガ前マンダの威嚇をコピーすることで1サイクルは受け切ることはできる。

よって、ステロ役(カバ)を処理し、数的有利(3:2の状況)をとった後は、死に出しマンダに対しトレースポリを投げることで、竜舞を積まれてもポリVSランク±0マンダ の対面になるのでポリ有利。相手が3体目に引いてくるのを読んで電磁波を撒くことができればほぼ勝ちに近い。加えてマンダ交代読みギロチン、毒々を当てる事ができほぼゲームセット。カバマンダガルドへの勝率は極めて高かった。



【総括・反省】

まず、きつかった相手を列挙する。

・ヒートム

毒、トリックまで考えるとポリ2では不安が残る。めざパまで考慮するとグライも苦戦を強いられる。ブルドヒは抜群をつかれてしまう。ゲンガーで滅ぼうにもボルチェンで逃げられてしまう。ミミッキュのZも半減。こうして考えると絶望的だが、各々抜群をつかれても基本耐えるのでゆうてなんとかなったりする。


グライオン

ゲンガーで1:1を狙いたいが後出しするタイミング等に気を配らないといけない。他にはミミッキュで呪う、グライグライ対面でPPを枯らし合う、上手く交換を繰り返してギロチンを枯らすなどのしょっぱい対処法しかない。


・ムドー

ゲンガーじゃないと倒せないのでゲンガーが変に削られたりすると困る。


グロス

自覚しだいではきつい。技構成にもよる。


マンムー

ポリ2じゃないと安定して受けられない。叩きか毒々を持ってると辛いので、ブルルを対面させてウッホを撃っていく方がいい。


・サイキネガモス

幸いあまり数はいないが、ドヒドを崩される。+1Zサイキネでドヒドは死ぬ。Zじゃなければ耐えるのでZ霧で切り返せる。毒だけ入れて裏に回して再生力を駆使すればまぁ何とかって感じ。


・スカーフ以外のボルチェン気合玉ヘドウェボルト

ブルルが殺されるし、ゲンガーで滅ぼうにもボルチェンで逃げられる。だいたいこの手のボルトは耐久振りなのでミミッキュのZを耐えられてしまうが上から動ける。上記技のどれかが欠けていればゲンガーポリブルルどれかで割といい勝負ができるのが救い。このパーティは守る持ちが3体いるのでスカーフなら技見て対処が楽。


・眼鏡テテフ

前項に記した通り。


ビビヨン

マッチングしなかったが、挙げた中で一番やばい。舞われてない状態でゲンミミのどちらかと対面させないと負け。早く起きればなんとか。


こんなところ。

従来の受けサイクルで辛いリザXやボルト、ポリZ等の積みポケはミミッキュで切り返せるのは強い。受けサイクルの弱点である積み技を克服できる。また、耐久サイクルではあるが、素早さの速いゲンミミや麻痺によって上から制圧できる場面が多めなことも安心できる。あと耐久サイクルだときついゴーリに対しても滅ゲンと呪いミミでケアすることができる。

パーティ紹介の項を読んで頂けたらわかるが、本パーティは特に奇抜な構成のポケモンは1体としていない。むしろ、容易に予想できる型のポケモンしかいない。しかし、今回このような結果を出すことができた。これは、本パーティのポケモンの並びそのものの強さを如実に顕していると思う。使用者の適切な思考・プレイングを以てすればどんなパーティにも勝ちを見出すことができるパーティだと考えている。すなわち耐久サイクルの1つの完成・結論であると主張したい。今後、耐久サイクルがさらに研究され発展されることを切に願う。


[ブルドヒの構成の代案]

ブルルを混乱実にする事で、ガッサ、マンムー等の連続技持ちに多少強く出れる。しかし残飯ではなくなることで、繰り出し事の被ダメを回復仕切れないままサイクルを回さなければいけない危険性が高まる。また、ドヒドを穏やかHDベース@回復実にする事で、リザYガモスゲッコにより安定する。特にリザYのエアスラとかで強引に突破されにくくなる。物理方面は脆くなるが、ミミッキュ剣舞ゴーストZを耐えて木の実発動からの霧で切り返す事ができる。(ピタゴラスさんから伺いました。ありがとうございます。)

で、そもそもブルドヒじゃなくていいんじゃね説。巷ではこの構築のブルドヒの部分が注目されがちだが、メインはゲンミミグライポリの方。そっち。ブルドヒは補完。たまたまゲンミミグライポリにぴったりハマったのでブルドヒを採用した。だから他にもこの2枠に採用できるポケモンの組み合わせは多数あると思う。例を上げると

・ハピムドー

ハピという圧倒的数値受けがいる事でブルドヒでは厳しい特殊アタッカー(ガモスゲッコテテフ等)に強く出れる。進化の輝石をポリに取られてるのでラッキーは無理。ムドーがいる事でグライを受けることができ、グロスマンダにもより強くなる。ステロ役としても使える。胞子が一貫する事が課題だが、ムドーにゴーグルを持たせる等色々やりようはある。そもそもムドーが眠らされてもガッサを受けるだけなら何とかなるかも。あとレヒレ馬車に弱くなっちゃう。


・ゴーリ+クレセ

ミミッキュに電磁波を仕込むと起点作り役としても使える。受けサイクルミラーに強く出れる。クレセは図太いHB凍風電磁波みかまい月光@ゴツメとか。


・スカーフテテフとかなんかそのへんのやつ

フィニッシャーとして。グロスフェローチェハッサムあたりも良さげ。



ラスト2枠に求められる要素は、

・特殊受け
・馬車受け
・レヒレ受け
・対ガッサ(胞子の一貫切り)
・フィニッシャー

上記全てを満たさなくても大丈夫。割とカスタマイズ性は高いと思う。


【終わりに】

結果を知って半日経った執筆中の今も尚興奮がさめないです。達成感に酔いしれて吐きそう。ここまでこれた要因は21以降からギロチンがめっちゃ当たるようになったことがでかい。それ故21からは無敗でここまで来れました。MVPは間違いなくグライオン。また、2150から潜り続けるのを渋っていた自分の背中を押してくれたけいとだまさん、ありがとう。来季こそ2000いくんだぞ。来季は本記事の影響で耐久サイクルが増えるのかな?だとしたら環境に影響を与えられる存在になったという意味でとても嬉しいです。この手のパーティはスタンパと比較するとまるで別のゲームをやっているかのような楽しさと陰湿さがありますので、合う人合わない人いることかと思いますが、気分転換に使ってみてはいかがでしょう。この結果を励みに受験勉強に勤しみたいと思います。受験終わるまでは引退します!(多分)
最後になりますが、対戦してくださった皆様ありがとうございました!シーズン11お疲れ様でした!読了ありがとうございました(*^^*)

追記:QRパーティ公開しました。よろしければ使ってやってください(*^^*)

↓URL
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-DF01-4DBD